自動契約機の営業時間の違い

プロミスで融資を受ける場合の申し込み方法としては、インターネットを利用するといった方法が一般的です。

 

 

インターネット申込の他、プロミスでは様々な申込方法があります!


インターネットによる申し込みの場合というのは、自宅などのパソコンからでなく、スマホでの申し込みにも対応しているという特徴があり、現在プロミスへの融資の申し込みはスマホを利用するといった人も多いのではないでしょうか。

プロミスの自動契約機の役割

そんなプロミスの申し込み方法ですが、インターネットとともに高い人気があるのが自動契約機による申し込み方法です。

 

 

プロミスの自動契約ってよく見かけるけどれくらいあるのかなぁ・・・


自動契約機は、その場で申し込みからカード発行まで行うことができますので、確実にカードローンの利用をしたいという人にとっては欠かせない存在となっています。この自動契約機ですが、プロミスの他にも大手と呼ばれる消費者金融の多くが採用している仕組みであり、

業者名 自動契約機設置台数(公式サイト調査2016/4/16現在)
プロミス 1068台
アコム 1067台
アイフル 897台

いずれの場合も営業時間が遅くまで稼働しているという共通点があります。

消費者金融の自動契約機の営業時間

しかし、そんな中でプロミスの自動契約機は営業時間が長いという点で他と差別化を図っています。消費者金融業者の多くが自動契約機の営業時間を21時迄と設定している中、

プロミスでは他と異なり、

  • 自動契約機の営業時間を午前9時〜午後22時ま迄

と設定しています。

これは他の消費者金融と比較しても終了時間が1時間ほど長いという特徴があります。自動契約機の役割は必ずしも融資の申し込みだけではありません。例えばインターネットでプロミスに融資を申し込んだ人への

 

 

カードの発行も重要な自動契約機の業務のひとつです。


仕事が遅くなったとしても、夜22時まで稼働しているプロミスであればその日のうちにカードを受け取ることができます。自動契約機にはATMも併設されています。受け取ったカードですぐに借入を受けることが可能となっています。

 

なので、少しでも遅い時間まで営業しているプロミスであれば安心して利用することできるのです。わずか1時間の違いではありますが、こうしたわずかな違いが大きな安心感へとつながります。

 

>>SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの全てが分かる!<<