プロミスと他のカードローンとどう違う?

プロミスの金利は4.5%〜17.8%となっており、一見すると幅広く設定されているように見えます。ですが、プロミスに限らず通常のキャッシングは上限金利での融資がほぼ全てであり、実質的には多額の借入をする場合や借り換えを除くと、

 

 

17.8%以外の低い金利で融資を受ける事は現実的ではありません。


その為、17.8%の部分だけがプロミスの指標となりますが、プロミスのこの金利は、消費者金融業界においては最高水準の優遇金利だと言われています。具体的に比較するとより鮮明で、例えば同様に大手他社であるアコムやアイフル、モビットなどではいずれも

 

 

他と0.2%しか差がないなら殆ど変わらないのでは・・・


上限金利を18%に設定して融資を行っていますから、プロミスは大手消費者金融業界において唯一他社よりも低金利で融資を受けられるといっても過言ではありません。

 

 

返済期間が延びるると0.2%でも馬鹿にできないですよ!


たった0.2%かと思われるかもしれませんが、実際に利用すると借入金額が増え、返済期間が延びるごとにこの差を実感する事ができます。では、次に銀行系のキャッシングと比較するとどのようになるでしょう。

銀行カードローンとはどの程度違うのか?

銀行系キャッシングで有名なバンクイックを例に挙げると、14.6%で設定されていますし、他行においても多少差はあれど概ね同様の低金利ですから、金利においてプロミスより優位性を発揮します。

 

 

無利息期間中に返済できるなら銀行カードローンよりプロミスだぜ!


ですが、プロミスはこれらの銀行系キャッシングと比べて、初回借入日より30日金利を無料にするオプションサービスを付与していますし、ウェブ会員によるポイントサービスを展開する事により、任意に指定期間の金利を無料にするといった付加価値もつけています。

 

その為、借入期間と返済計画によっては実質的な金利負担を銀行より抑えて運用する事も可能と、魅力ある金融商品となっています。

 

>>SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの全てが分かる!<<